シックハウス対策
シックハウスとは、
住まいの家具・接着材・住まいの建材などから出る科学物質(揮発性有機化合物)による病気です。
別名に新築病・科学物質過敏症などと呼ばれている。この科学物質を長い間吸い続けるうちに体力が低下し病気になります。
それでは、現代の住宅の特徴である「気密性が高いこと」はどのような問題を生みだすのでしようか。たとえば、湿気がこもりやすい住宅は、ダニやカビなどを大量に発生させてしまいます。最近、アトピー性皮膚炎やぜん息などのアレルギー性疾患が問題になっていますが、こうした病気の大きな原因がダ二やカビなのです。
また、住宅の建材には木材保存剤や接着剤として、多くの化学物質が使われています。そのほかにも洗浄剤や殺虫剤、ストーブやタバコなど、化学物質を発生させるものが多くあり、部屋のなかの空気は化学物質で汚されてしまっているのです。換気ができない場合、わたしたちは家のなかにいる間ずっと、こうした化学物質にさらされることになってしまいます。その結果、いわゆる「化学物質過敏症」という、アレルギー性疾患に似た病気にかかってしまうこともあるのです。
このように、住まいが原因となって発症するさまざまな病気が、いわゆる「シックハウス症候群」とよばれています。
どんな症状か?
子供にはアトピー・喘息が多く、大人には花粉症・目鼻のアレルギー・自律神経失症があり特に多いのは慢性疲労やアレルギーです。
最近の家は科学建材に殺虫剤やダニ剤、防腐剤が使用され、それが揮発し汚染の状態になります。畳にも神経毒のある防虫シートもありますが、無機系のダニシラーズシートの様に揮発しないものありもす。畳は住まいの中での空気清浄機として見直されてきました。
シックハウス対策
1、毎日空気の入れ替えをする
2、自然の素材の建材を利用する
3、畳の部屋にする(NO2吸着分解)
4、殺虫剤・蚊取マットなどは使わない
5、カビ取り材は使わない
6、ハーブ・ポプリを使う(芳香剤)
7、科学物質を吸い取る観葉植物を室内に置く(農薬等は使わない)
8、住宅は新築・リフォーム後3〜4年建物の方が安全

●アレルギー疾患とは?
からだのなかに異物がはいってきたときに、からだの免疫機能や゛過剰に反応してさまざまな状があらわれる病気でヽアトピー皮膚炎喘息などが知られています。ダニやカビが原因です。
●化学物質過敏症とは
米国の研究者の間では、建材や身のまわりにある化学物質に過敏に反応して頭痛や全身疲労などの症状があらわれる病気。一度ある程度の量の科学物質にさらされるとそれ以降はほんのわずかな量の物質にも過敏に反応するといわれています。
●もし、こんな症状に悩まされていたら…
シックハウス症候群には、特有の症状というもめはありません。しかし、外出中は何でもないのに、家に帰ってくると具合が悪くなるというときには、あなたの住まいに病気の原因があるかもしれません。こんな症状があったら、一度、家のなかを点検してみてはいかがでしょうか。
●シツクハワス症候群をうたがつてみよう
□目やのど、鼻などに刺激があったり、乾燥する
□皮膚がかわいたり、赤くなる、刺激がある
□精神的な疲れを感じる
□集中力がなくなったり、眠気がする、無気力になる
□頭痛やめまい、吐き気がする
□鼻水やなみだ、せき、ぜん鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)という息がでる
●快適な住まいをつくろう
快適な住まいをつくるためには、健康被害の原因となるものを、住まいのなかにもちこまないこと、発生させないこと、つまり毎日の住まい方が大切なのです。どんな注意をすればよいかを見ていきましよう。
●快適さの条件は「湿度」「空気の流れ」「温度」
現代の住宅の第一の問題は、湿気がこもりやすく、しかも自然に換気ができにくいということです。安全で快適な住まいをつくるためには、まずこの問題を解決することが重要です。
*湿度計や温度計を利用して、部屋の湿度と温度をチェックしていますか?
*調理や入浴をするときには、換気扇を使っていますか?
*換気をするときには空気の流れを考えていますか?
*エアコンを使うときには、温めすぎや冷えすぎにならないようにしていますか?
●より快適な湿度のめやすは50%
湿度が高すぎると、カビやダ二が発生しやすくなりますが、低すぎても、のどの粘膜が傷つけられて、かせをひきやすくなるなどの問題があります。湿度50%をめやすに、換気をしたり、加湿や除湿などに気をつけましょう。
●調理や入浴をするときには かならず換気扇を
調理や入浴などは、部屋の湿度を高める大きな原因てす。かならず換気扇を利用して、湿気を外に追いだしましょう。
●温湿度計を利用しよう 
温度計と湿度計がひとつになつたものが温湿度計です。正しい温度と湿度を計るために、冷暖房の風が直接あたらないところにおいておきましよう。 
「40%以上70%以下」建築物のおける、衛生的環境の確保に関する法律(通称ビル管理法)の室内空気環境の基準に示された、望ましい湿度の範囲です。
●心地よい空気の流れを作る
化学物質による空気の汚れや室内の湿気をなくすには、換気をして、外の新鮮な空気を入れることが大切てす。空気の流れを意識して効果的に換気をしましょう。
●窓を2か所以上あけて、空気の入り□と出口をつくる
窓をlか所あけただけでは、外の空気は部屋のなかに入ってきてくれません。窓を2か所以上あけて空気の入り□と出口を、なるべく2方向に作りましょう。
●家具は、空気の流れを じやましないように
換気用の小窓や吸排気口を家具でふさがないようにしましょう。家具は、空気の流れの邪魔にならないように配置しましょう。
<快適な温度を心がけよう> 
エアコンやストープなどの冷暖房機器を上手に利用したり暮らし方のくふうをしで快適な温度を整えてみましょう。
●快適な温度の目安は17〜28℃
冷暖房を使うときには、暖房は17〜22℃冷房は25〜28℃をめやすとしましょう。
●冷暖房の効率をあげよう
冷暖房機器を使うときは外気の影響を少なくするために、カーテンを閉めるなど、効率よく温度調節がてきるようにしましょう。壁に断熱材を使うことも効果的です。
知っていますか?「7℃以内」 エアコンを使い冷房するときには、外気温との差は7℃以内になるようにしましよう。温度の差が大きいと、体調をくずしやすくなってしまいます。
●室内の温度ムラをなくそう
暖房で部屋をあたためると、あたたかい空気は上昇し、つめたい空気が下にたまります。エアコンの暖房ては足元が寒く感じられるのは、エアコンは部屋の上の方のあたたかい空気をあたため直すだけだからてす。
部屋の上下の温度差が大きいと、下の空気の湿度が高くなってカビが発生しやすくなります。扇風機を天井に向けて風を送るなどして空気を対流させ、上下温度差を解消しましょう。
●冷えすぎに注意冷房病の予防方法
冷房病とは、冷房によつて長い時間からだが冷やされたり、大きな温度差に何度もさらされることが原因で起こります。外との温度差を小さくする、ひざかけや服で調節するなどの対策をしましよう。
<家のなかの化学物質をへらそう>
最近の住宅の建築方法や建材には、多くの揮発性の化学物質が使われています。とくにホルムアルデヒドという化学物質は、いろいろな建材や接着剤などに使われており、いわゆるシックハウス症候群の大きな原因となつています
*こんなところにある化学物質の発生原因
まずは、家庭内の化学物質の発生原因をチエックしてみましよう。いまほとんどのものが、あなたの住まいのなかもあるのではないでしょうか?。

□合板や壁紙を使つている
□ビニールクロスを使っている
□ペンキなどで塗装している
□抗菌加工のカーテンやカーペットを使つている
□シロアリ駆除剤などの殺虫剤を使つている

こうしてみると、現代の住まいは化学物質ていっぱいだということがおわかりいただけたてしょう。化学物質を発生させるものは使わないか、なるべく少ないものを選ぶこと、換気をして部屋のなかにこもらないようにすることが大切てす。
●建材や塗料はなるべく化学物質の少ないものを使う
住まいの建材には、建築士やメーカーに確認して、なるべく揮発性の化学物質の少ないものを使いましょう。
●新築後すぐに入居せず、時間をおく
塗料や接着剤などに使われている化学物質は、工事中や工事直後がもっとも放散しやすくなっています。日本接着剤工業会では、工事中や工事後の換気をじゅうぷんにしても、入居までは少なくとも14日以上あけるよう提案しています。
●こんな化学物質が使われています
合板、壁紙 合板やパーテイクルボード(木片を接着剤でかためた板)、壁紙などの接着剤の原料や防腐剤として、ホルムアルデヒドが使われています。
接着剤、塗料 工事に必要な接着剤や塗料の溶剤として、トルエンやキシレンが使われています。
ビニールクロス 加工をしやすくするために、可塑剤が使われています。可塑剤は、このほかフローリングの樹脂などにも使われています。シロアリ駆除剤 シロアリによる被害を防ぐため、土台の木材や土壌にシロアリ駆除剤が使われています。
●入居前に部屋を暖め、化学物質を発散させる
揮発性の化学物質の多くは、比較的に低い温度て気体になり、室内の空気にまざります。そこて、入居する前に部屋をしめきり、暖房などて室内の温度を高めて化学物質の放散を促進させる方法(ベイクアウト)があります。
●入居後しばらくは換気を心がける
接着剤などに使われている化学物質は、長い時間、しわしわと部屋の空気のなかにしみだしてきます。入居後しはらくは、こまめに換気をするよう心がけましょう。
●床下の換気ができるよう、換気口をつくる
床下の湿気や、シロアリ駆除剤の化学物質が、部屋のなかにはいってきてしまうことがあります。換気口をつくって、湿気などがこもらないようにしましょう。
<あなたの職場は大丈夫?シックビルデイング症候群>
最近の住まいの問題点は、ビルなどの建物にも共通しています。また、ビルのなかに外気が取り入れられず、汚染された空気がいつまでもビルのなかを循環していることがあります。こうした原因で起こる病気は、「シックビルディング症候群」とよばれています。
<<住まいを新築・増改築するときは>>
これから住まいを新築、購入したり、増改築する予定がある方は、あなたの大切な往まいか「シックハウス」となってしまわないよう注意が必要です。建築士やメーカーとコミュニケーションをとり、不安な点やわからないことは確認しておきましょう。

●事前に設計者へ伝えておくこと
家族にアレルギー性疾患などの病気にかかっている人がいる場合は、そのことをつたえておきましょう。また、みなさんの生活習慣(外出していることが多い、家のなかにいることが多い、など)がはっきりしている場合には、住まいの設計のときに考慮してもらうとよいでしょう。
●新築するとき、購入するとき
□化学物質の少ない建材が使われているか
□床下の湿度対策ができているか
□窓の位置や間取りが換気に適しているか (窓を開けたときに空気の流れがあるか)
□窓を閉めきったときに、目がチカチカしたり異臭がしたりしないか
□防蟻剤や木材保存剤がどのように使われているか
□完成から入居までの期間が十分あるか
●増改築するとき
□化学物質の少ない建材や壁紙が使われているか
□居住したまま増改築の工事をするときには、居住する部屋と工事をする部屋がしっ かりと区切られているか
口接着剤や塗料などを使う場合には、換気への配慮がされているか
□工事後、実際に居住するまでに十分な時間をとつているか

ご参考になられたでしょうか?

<<ホルムアルデヒトを知る>>
高気密・高断熱化といった住まいの高性能化やコストダウン・工期短縮など建築の合理化が進む中、 新建材が大量に使用されるようになりました。その結果、多くの科学部質が住宅内に入り込み、室内環境汚染の原因となっています。アトピー 皮膚炎の誘因も指摘されるホルムアルデヒドのレポートです。

ホルムアルデヒトとは
ホルムアルデヒトは通常35〜38%の濃度で水に溶解され、ホルマリンという名で市販されています。これは人的障害を 及ぼす有害なVOC(揮発性有機化合物)で合板の接着剤などにも含まれています。他のVOCと比較して放出期間が長く人体への影響がもっとも 深刻であると考えられています。

ホルムアルデヒトを利用している建材
カーペット、クロス、断熱材、合板、パーチクルボード、接着剤、でんぷん糊、脱臭剤、消毒剤、防カビ剤、殺虫剤など。

ホルムアルデヒトによる人体への一般的な知覚症状
空気中濃度(ppm) 知覚症状
0.5 目に刺激を感じる
0.8 臭気を感じる
5.0 候に刺激を感じる
15.0 咳が出る
20.0 呼吸器の深部に刺激を感じる
(参項)水中濃度(mg/l)×40%=気中濃度(ppm)

ホルムアルデヒトの成分規格
JASによる放出量の表示区分(合板基材をとした製品)
記号 放出量 備考
F1 < 0.5mg/l(平均) 食器戸棚やベビータンスに使用しても支障がないと思われるもの
0.7mg/l(最大)
F2 0.7mg/l(平均) 通常の住環境では支障がないと思われるもの
0.7mg/l(最大)
F3 1.0mg/l(平均) 喚起に注意することにより不快感を除けるもの
12.0mg/l(最大)

JISによる放出量(繊維板を基材とした製品)
記号 放出量
E0 0.5mg/l以下
E1 1.5mg/l以下
E2 5.0mg/l以下

ダイケン畳のホルムアルデヒト放出量
商品名 放出量
ダイケン畳ボード 0.00mg/l
ダイケン畳おもて銀白 0.03mg/l
ダイケン畳V型 0.00mg/l
注1.JISA-5905に準じた測定法に基づくダイケン工業社内測定値です。
注2.ダイケン畳V型の構成部材はイグサ・保護材(NTシート)・15BT・FPS・10BT・裏シートです。