第5回とうすみフェア  とうすみ会長さんより掲載許可を頂きました

2002年「とうすみフェア」が5月25日、26日に行われました。

とうすみは、平成7年より畳材商6社の経営者で構成されています。啓蒙活動と活性化を推進する研究会でよく知られている「畳ガイドブック」などを作成されました。又、平成10年には中学校の家庭課の教材にも内容の一部が使われたそうです。


1F 会場

2F 畳会場
とうすみフェアは、6社のメンバーで行っているそうです。畳活性協議会 とうすみ
・活芟富男商店
・葛田商店
・東京中央畳材(
・潟_イイチ
・滑ロ 備
・且迚ョ商店

今回行われた、とうすみの会長は東京中央畳材(鰍フ小林浩之さんです。
お話によると、フェアーの実行委員長が毎年変わり、今年の実行委員長は井口富男商店の社長さん。来年の実行委員長は守屋商店の社長さんの予定だそうです。

今回、私も初めて見学させていただきましたが暑い中、皆さん、穏やかで、良く頑張っていられていました。
会場は、2階の、野外でそんなに畳部門では大きくありませんでしたが、たくさんの方が来られていました。
中でも目に付いたのが当たり付きの畳2丈敷きのパター形式のピンボール、ゴザを使ったパットゴルフは、小さな子供からお年寄りまでお客様が楽しんで居られました。
又、30畳敷きの畳の上で、碁・オセロ・カルタなど色々な遊びが出来、畳敷きのでステージで、寄席などが開催されていました。

ベーゴマは特注で作った物で「畳」の文字が入って、ベーゴマの台も苦心され作ったそうです。