ひろちゃんのりチャンの畳の筋、説明

のりちゃんです。畳に筋が入ってるって言う人がいますがなんででしょうねぇ?

畳表は、仕入れの時には梱包されて送られてきます。(20枚や30枚、40枚)

いつも30枚いれだよねぇ、

うん!、畳表の梱包は、右のように梱包されてくるんだけど、梱包されている中の畳表は、ちゃんとたたんであるんだよ。
どんな感じかと言うと、手紙を書くとき便箋に内容を書き、三つ折にするよね、それから封筒に入れ送り先に送るんだるんだよねぇ。
送られて来た人は、封筒を切り、内容を読むんだけれど、その便箋は、三つ折にした所に筋が入っているよねぇ、これとまったく同じで、畳表もたたんできた所に筋が入るんだよ。いい畳表ほど、い草の目が詰まっているもんだから、折られてきている筋もくっきり出てしまうんだね。

い草はどうなっているかというと。

通常は、   ○○○○○○○○○○○○○○  このようになって織られている

折り目は、  ○○○○△△△△△△○○○○  つぶされてこのようになっている

だから筋に見えるんだ!

でも。畳を仕上げて持って行く時には、あまり見ないけどなー

アッハッハ、それは畳屋さんの秘密かなー。いっぺんには直せない場合もあるけど、自然になおってくるんだよ。△部分が人に踏まれたりしてくるとね。便箋と、い草は違うからね。