ひろちゃんの畳干し説明
ひろちゃん、おじいちゃんがね以前は、畳を外に干したんだっていってたよ!

そうなんだよ!今も干している人はいるとおもうよ

何で畳干しするの

以前はほとんどがワラ床だったろ、ワラ床の性能は優れているのだけど、古くなるとワラがつぶれてきて性能がおちてきたりするんだよ!

ひろちゃん、ワラの性能って?

ワラ床は、「畳効能と抗菌説明」のところで少し話したけど、畳1枚分で500ccの水分を吸ったり、二酸化窒素を吸って分解するって話しをしたよね。
でも、ワラやい草がつぶれてきてしまうと水分を吸う性能や二酸化窒素を分解する量が減ってしまうんだよ。い草やワラの芯の中はスポンジや空洞見たくなっているからね。

そうか!スポンジは水をいっぱい吸うもんねぇ。でもなんで畳を干すの?ひろちゃん、そこを教えてよ!

ごめんごめん!
スポンジの水は絞ればなくなるけど、畳の場合はそうはいかないだろ、風に当てて天気のいい日に干せば水分がなくなるし、布団と同じように少しは膨らむ?(測った事は無いけど・・・)そうする事により、畳の性能が回復するんだよ!

分かった、天気のいい日に畳を干せばいいのね!じゃ畳干ししてくるね!バイバーイ!

ひろちゃーん!大変!大変!畳を干したんだけど、畳が敷けなくなっちゃったー、たすけてちょーよ

じゃ、今から行くよ!先に行ってまっててね!!

畳の寸法が違うから敷けなくなっちゃったんだね、これで敷き終わりっと!
敷き方は、畳を上げる前に方向とか順番なんかを自分で分かるようにきめてからあげて下さいね!