ひろちゃん、のりちゃんの今使われている畳の説明
ひろちゃん、畳表って一般の方には良いものか悪いものか見分けがつかないじゃない。
どうしたらわかるのかな?

そうだね。一般の方は色々な種類をいつも見ているわけじゃないからきっと分からないねぇ
では、畳表の簡単な見分け方を勉強してみようか。

畳表を作るにあたって、畳表は、い草と糸で織られているんだよ。
い草は、農家さんが、天候や肥料を考えて一生懸命に育てているんだ。でも長く伸びた物もあれば、短く畳表とならないものもあるんだ、畳表となる良い物は、い草の長いものから、一番抜き、二番抜き、三番抜きって言うふうに、選別されるんだ。

何番抜きまであるのかな?

知っている限りでは、農家さんによって違うが、い草の使える長さは決まっているので、細かく分けている人で7番抜きまで分けている人は知っているんだがね・・
い草は根の方と穂の方があるだろ、根の方は白っぽく、穂の方には花が咲いたり、枯れたりするから、白い根の部分や穂の方は切り落とされるんだよ。 短い、い草は、畳となった時に根の白い所が、見えてたりするんよ。

さっき、畳は糸で織られていると言ってたけどどんな糸で織られているの?

糸には、大きく分けると、綿糸、麻糸、があるんだよ、それと高級品とされる綿と麻を合わせている、綿Wと言うのが基本かな!
下にある画像がそうなので見てみて!

ねー、自分の所の畳がどんなのが使ってあるのか分からないかなー?

そうだなぁ、センマイ通し見たいな先のとがった物で畳を刺してい草の部分を広げてみれば糸が何を使ってあるのか分かるよ!でも傷をつけないようにしてよね。こんな感じかな?

糸の種類はわかったけど、畳表の良し悪しが分からないのよね?ランクみたいのはあるのかな?

ランクもあるよ!い草産地では、実際に検査員がランクを決めているんだよ。
そう言った検査をしたものには、畳表には検査証が付けられるんだよ。
でもね検査証を張っていない表も沢山あるんだよ。

畳表 たて糸 等級
JAS特 綿+麻
JAS特
JAS1 綿糸 上級品
JAS2 綿糸 普通
JAS3 綿糸 下級品

のりちゃん自分の家の畳表のランクは、分かったかな?

ん、分かった、分かったよ!