ひろちゃんのりちゃんの染土説明
ひろちゃん、畳表の上に白い粉みたいのがいっぱついてるけどこれなーに?

それはね染土って言う土なんだよ、い草が大きくなってから刈り取るよね、刈り取ったい草を泥染め言う加工をするんだ、その泥染めに使われるのが染土って言う天然の土なんだよ。

それじゃ、この粉みたいのは土なの?

そうだよ。

何で染土を使って畳表をよごすのよー、きたないじゃん!

それはねぇ、ちゃんと意味があるんだよ。染土は畳表を保存するのに必要なんだ、簡単に言うと畳表の日焼けを少し遅らせてくれるんだ。

へー、土にそんな力があるんだ、すごーい。

では、染土を見てみようか?えーと、これこれっと!

 左上:組合染土     右上:三原染土
 左中:ひのみどり     右中:備後染土
 左下:スーパー和泉
     上左:備後染土   上右:三原染土

下左:組合染土 下中:ひのみどり 下右::スーパー和泉

こんなのを水に混ぜるんだよ!分量は農家さんによって違うんだ、配合したり、しなかったり、いろいろかなぁ? そうすると、こんな感じになるんだよ。

 染土を混ぜた物
 着色剤を混ぜた物 

こう言った泥水にい草をまんべんなくつけてから、い草を乾燥させるんだ、そうする事により、保存しやすくなるんだ

分かった!、その泥つきのい草を織っているから粉みたいのがつくんだ!

あれー、でもおかしいなぁ〜。でも、ひろちゃんの所の畳は染土がつかないよ!

うちは、染土を特殊な掃除機で掃除しちゃうからね。

そうか!掃除機の音もそうだけど機械の上でもよく拭いてるもんね!ところで写真の下に着色剤ってあるよね、それはなーに?

今日は時間がないからまたこんどね!バイバ〜イ

 Top