畳の基本知識


ひろちゃんの畳構造説明
畳の基本は、3ツの材料で構成されています。

1、畳床(ワラ床や建材床)
2、畳表(ゴザ)
3、畳縁(フチ)
となります。

畳床の上に畳表を張り、畳縁を付けたものが畳です。

畳サイズ
名称 規格
本間間
(京間)
95.5×191.0cm
京間の長さが6.3尺あるところから六三間とも言い関西の京都、大阪、紀州から中国、四国、九州に多く一般的に京間(きょうま)と呼ばれる。
三六間
(中京間)
91.0×182.0cm
幅3尺長さ6尺、名古屋、岐阜地方を主とし福島、山形、岩手や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島に分布。
五八間
(関東間)
88.0×176.0cm
長さ5.8尺。関東、東北、北海道など東日本の大部分を占めていますが現在ではほとんど全国的に散在しています。江戸間、田舎間と呼ば、京都に並び代表的です。
団地サイズ 五八間より小さい畳
五六間ともいう。長さ5.6尺位、近年建築された家屋に多く特に団地に多いことから団地サイズや団地間と呼ばれる