1. トップページ
  2. 商品一覧
  3. ふすま
  4. ふすまの種類

ふすまの種類

ふすまの芯材の種類     
ふすまの完成品は外見からの骨組みは分かりませんが一番大事なものは、ふすまの下地で 耐久性や環境、対応年数に特徴があります。

・量産ふすま    ・組子骨    ・発砲系の芯   
・ダンボ−ル芯  ・ペ−パ−コア−芯  ・和ふすま   などがあります

    量産ふすま
  • (べた貼り)ふすま紙の裏面全体に糊を付けて、下地に糊をじかに貼ります。張替えの時にふすま紙をめくらず、 その上に重ね貼りをします。そのために、ふすま全体が反ったりやシミが出てしまうことがあります。
    和ふすま
  • 張り替え時には簡単に縁をはずすことが出来、普通品から高級品まで対応可能です、何回でも使うことが出来ます。


    源氏ふすま
  • 「中抜きふすま」「御殿ふすま」「長崎ふすま」とも呼ばれ、ふすまの一部に障子窓があり。 暗い部屋などに採光を取り入れることが出来ます。


    戸ふすま
  • 和室と洋室の間仕切りに使われます。洋室側はベニヤの上にクロス貼り、または合板建材。和室側はベニヤの上にふすま紙を貼り、 廻りに薄いふすま縁を貼り付けてふすまのように見せます。
    リビング戸ふすま
  • 和室と洋室の間仕切りに使われます。洋室側はベニヤの上にクロス貼り、または合板建材。和室側はベニヤの上にふすま紙を貼り、 廻りに薄いふすま縁を貼り付けてふすまのように見せます。
基本のサイズと材料別の説明
  • 普通サイズ
    横幅940X高さ1940o以内

  • 丈長サイズ
    横幅940X高さ1900〜2100o以内
  • 幅広サイズ
    横幅950〜X高さ1940o以内

  • 幅広丈長サイズ
    横幅950〜高さ1900〜2100o以内

ふすま紙の種類
    上新鳥の子
  • 手漉き和紙の鳥の子の普及品で、すべて機械漉きのため比較的低価格です。漉き模様や後加工によるさまざまな図柄 があり、一般には略して『上新』と呼ばれています。

    ちとせ・花あかり・松島・ひばり・やわらぎ・秀峰・せいか・うらら・和光・明星
    上級織物
  • 主としてドビー織など縦糸・横糸ともに糸目の詰んだ高級な織物ふすま紙です。 縦糸にレーヨン糸50本/インチ位、横糸に意匠撚糸や絹糸を40本/インチ程度打ち込んでいます。 加飾される絵柄も一枚ずつ丁寧に手加工されます。

    磐梯・漣(さざなみ)・松苑・桃山
    中級織物
  • 長繊維のレーヨン糸やスラブ糸・ネップ糸等の意匠撚糸で織っています。絵柄は手加工や最新の
    技術を駆使して加工し、上品な柄が数多く用意されています。

    みやこ・明日香・朝日・近江・わかば・日新・さがの・こだま・春風・住の江
    新鳥の子
  • ふすま紙の中では最も廉価で、製紙・柄付けとも機械により一貫生産されています。下地の透けを防ぐ ために紙の裏が茶色のものが多く、一般に『茶裏新鳥』と呼ばれます。

    山水・景勝・ごりん・雄峰・ルノン丈長集・銀せん・角兵衛・まがしま